目白の街のあなたの為のパソコン・IT相談室。「ぱそとも教室めじろ」です!パソコン・スマホ・IT、何でも学べる個別教室です。出張レッスン・サポートも行っています。


by pasomejiro_blog

カテゴリ:「ザックリ!」IT知識講座( 6 )

 ぱそとも教室めじろでは、月に2~3回特別講座があります。
今日は、先日行われたメールやインターネットの危機を体験体験!!
セキュリティ講座の一コマから・・・

 パソコンを利用している時、突然画面が真っ暗になって、「ユ-ザーアカウント制御  あなたが開始したプログラムである場合は、実行してください。」のダイアログがあらわれたことはありませんか。パソコンに慣れない人は、ビックリしてダイアログを閉じたり「キャンセル」ボタンを押したり。でも、パソコンに慣れている人は迷わず「続行」ボタンを押します。このダイアログは、今あなたが行った動作の確認ですから、通常「続行」で良いはずです。では、なぜこのような「当たり前」の確認をするのでしょうか。

 ところで今回の話題は、「ウイルス」です。パソコンという「機械」の中にウイルスという「生物」が入って悪さをする? そのようなことはありえません。パソコンが動くのは、パソコンが理解する「プログラム」のためです。プログラムというのは、パソコンが理解する言語(言葉)です。この言語を使って悪さをするのが、パソコンの世界の「ウイルス」です。従って、ウイルスとは、「悪意のあるプログラム」と定義されることが多いのです。
ウイルスに感染された状態に、画面が変えられたり、変な画像が出てきたりする種類のものがあります。悪意のあるプログラムが勝手に作動して、私たちを困らせるのです。
 そこで、パソコンに何か大きな変化があるときには、プログラムに任せないで、「続行」ボタンを「クリック」という動作を「人間」がすることで、ウイルスのいたずらを防いでいます。

b0243778_10564643.jpg

 上の数字を見たことがあるでしょうか。yahooメールのアカウント(初めて作る時に作成する)を取る時の手順で、最後にこの数字を見てこの通りに入力して作成が終わります。人間が見れば、簡単な数字です。しかし、これは「画像」なので、コンピュータのプログラムでは、数字であるとう判別はできないのです。名前や居住地などは、プログラムで入力が可能です。これだけですとプログラムで、自動的に何人ものメールが作成されてしまいます。そこで、最後は人間による判断で入力をするところをつくり、悪意のあるプログラムのいたずらを防いでいるのです。

 そう考えると、何でもコンピュータで出来る時代になりつつありますが、最後は人間がしなければいけません。特に、「判断」が重要になります。正しい知識で、正しく使いましょう。

最後に一言、急なメッセージが出ても、あわてず騒がず、メッセージを正しく読んで判断しましょう
[PR]
by pasomejiro_blog | 2012-07-14 10:53 | 「ザックリ!」IT知識講座 | Comments(0)
b0243778_14392998.jpg

雑誌の広告や街のポスターの片隅に
右のマークを見かけたことは、ありませんか。
これが、今日お話をするQRコードです。



もし今携帯やスマホを持っていたら、上のQRコードをのカメラ機能を使って読み取りをしてみてください。
すると、ホームページのアドレスが認識されます。そのホームページにアクセスしてみて下さい。
すると、携帯で今ごらんのぱそとも教室めじろのホームページを見ることが出来ました。

このように、文字や数字の情報を一瞬で読み取ることが出来るすぐれ物です。
一方、バーコードと言うのは、ご存知の通り、幅の異なる短い線が何本も並んでいます。
スーパーやコンビニのレジで、赤い光をあててピッと音をたてて、金額が表示されます。

このバーコードを進化形が、このQRコードです。何か進化したかというと、バーコードは横一列ですが、QRコードは縦もあり、面で情報が入っています。バーコードは数字だけの情報ですが、QRコードは、文字も入り情報量も多いです。

ところでQRコードは、角の4つのうち3つの角に少し大きな■マークがあります。これは、何でしょうか。
QRコードは、上下左右をきちんと持ってます。その向きを表しているのが、この■です。四隅の三点が決まれば、面の向きは確定します。だから、カメラでQRコードを写す時、方向を気にしないで撮ることができるのです。賢いですね。

更に、質問。QRって何の略でしょうか。これは、Quick Response code(クイック・レスポンス・コード)の略です。簡単にいうと、反応が早いという意味。バーコードより、約10倍早く読み取れるといわれます。更に、このQRコードが自慢できるのが、このQRコードは、日本電装という日本の会社が開発したものなのです。だから、漢字への変換も意識されていて、日本の携帯電話のほとんどでQRコードを読み取る機能が付いているのです。

コンピュータと言うと、アメリカが強いのですが、日本の企業も頑張っているのです。
このようなQRコードを使用して、時々ぱそとも教室めじろのホームページを見てください。
[PR]
by pasomejiro_blog | 2012-07-04 14:40 | 「ザックリ!」IT知識講座 | Comments(0)
教室では、パソコンを購入する人のためのパソコン買い方講座があります。

今日は、その裏技を伝授します。

①パソコン売り場で、実際に文章を打って選ぶ

ノートパソコンだデスクトップパソコンだという前に、お店に行ってパソコンを触って文字を入力してください。ノートパソコンに決めていたあなた、デスクトップパソコンが小さくて画面が大きく使いやすいことに気付くでしょう。デスクトップパソコンと決めていたあなた、ノートパソコンはテンキーがついて画面が大きいことに気付くでしょう。デスクトップパソコンとノートパソコンの差が縮まっているのが今のパソコン売り場です。特に、キーボードやマウスが個性的になりました。ワイヤレスからフラットまで、実際に使用してから買いましょう。DVD(ブルーレイ)のトレイをあけてみましょう。開けやすい位置についていますか。SDカードは入りますか。USBは、挿しやすいですか。意外に大切なのか「アダプター」。電源コードの先に付いているあの黒くて重い四角塊です。コンセントの形も含めて邪魔なものです。特にノートPCを考えている方は、このアダプターも一緒に移動ですよ。買う前にお覚悟を。

②信頼できる店員さんを見つけよう

何でもそうかもしれませんが、最後は「ひと」です。信頼できる真面目そうな店員さんから名刺をもらって、購入しましょう。店員さんも自分の売上が増える喜びがあります。次に来た時に、その店員さんから購入するとさらに喜ばれます。ダメな店員さんというのは、話があいまいな店員・押し付けがましい店員・質問を違う形で答える店員・・・

値切る話をするとその店員の性格がわかります。でも、店員と思い声を掛けたら、携帯電話売り場のスタッフだったり、プリンターの販売員だったり、外部からの店員も多いです。気をつけましょう。

③メールの確認とワードの印刷をしてひと安心

パソコンは、買って終わりではありません。家について使えるように接続して、ひと安心です。主な接続は、インターネットへの接続、メールの接続、プリンターとの接続、ワード・エクセルも一番最初は、認証が必要な場合があります。さらに、ウイルス対策ソフトも通常3ヵ月無料が入っています。使い方も、確認しておきましょう。

具体的には、自分のアドレスにメールを送って受信できれば、メールもインターネットも繋がりを確認できます。ワードを起動して、文字を入力して印刷が出来れば、ワード・エクセルとプリンターも繋がったことがわかります。

そして最後に究極のハウツウは、03-6908-0125「ぱそとも教室めじろ」に電話をすることです(^^♪

次回はQRコードについてお話します。お楽しみに!
[PR]
by pasomejiro_blog | 2012-06-22 13:50 | 「ザックリ!」IT知識講座 | Comments(0)
 「予告メール」をご存知ですか。本来のメールが届く前に、間違えてきた書きかけのメールのことを言います。これは、スマホに変えたばかりの人が間違えて送ってしまうのです。スマホなタッチパネル方式なので、メールを打っている途中で送信ボタンに触れてしまい、送信されてしまうのです。

 「触れる」「タッチ」これが、スマホの特徴です。では、なぜ触れただけでボタンが押されるのでしょうか。それは、人間の身体にある静電気を感知するからです。冬、車や玄関の鍵に触れると静電気が走ることがあります。冬だけでなく、人の身体には弱い静電気が流れていて、その静電気をパネルのセンサーが感知して、操作が認識されます。だから、手袋をしていてはできません。また、つめの部分では認識しにくいです。反対に、パネルに近づけて触れていなくても動作することもあります。慣れない人は、要注意!!!

 科学の進歩の目覚しい分野に「センサー」というものがあります。2~3年前、顔認識のタバコ自販機というのが話題になりました。タスポを使用しなくても、顔の画像認識技術で成人かどうかを判断できるとの触れ込みで導入されました。小学生が顔に皺を寄せて買えてしまったなどいろいろ話題を呼びましたが、デジカメの顔認識を機能を経験すると納得できる面があります。スマホは、この技術の最先端を行きます。最新のスマホの中には、タッチをすると振動でわかるように工夫された機種(圧力センサーと振動機能)もあります。タッチが怖い人、安心してください。スマホは、ドンドン進化します。

 今注目は、音声入力です。キーボードなど使わすに音声でインターネットの検索や、メールができてしまいます。さらに、音声で翻訳ができ外国で困ったら、スマホに向かって話してもらえば、日本語に直してくれます。さらにさらに、音声で指示を出せば、インターネットのサイトを通じて調べものをしてくれる。「しゃべってコンシェル」というのも登場しました。またまだ、認識を間違えたり、翻訳がおかしかったりしますが、ドンドン進化すると思います。

 現在進行形のスマホ。困ったら、迷わず「ぱそとも教室めじろ」にご相談を!!(^_^)v
[PR]
by pasomejiro_blog | 2012-06-21 13:51 | 「ザックリ!」IT知識講座 | Comments(0)
ざっくりお話、スマートフォン購入のポイント!

スマートフォンを購入する時、何を最初に考えますか?
①ドコモ・au・ソフトバンク、どこのお店にするか? 
②アンドロイドにするかiPhoneにするか?
悩みどころは、この辺でしょうか。

先ずお店ですが、iPhoneは、ドコモでは取り扱っていません。アンドロイドは、全てのお店で取り扱っています。そしてお店の差の一つは料金体系ですが、これはお店や機種やプランによりバラバラで、ここでは扱いきれませんm(__)m

もう一つは、接続のしやすさです。購入者の多くの人がこの点で不満を感じています。電話回線もインターネット回線もどの種類が良いとは、断言できないのが現状です。自分が使用する環境を考えて、その環境に近い友達の経験を参考にする、などすると良いと思います。ビルの多い所での使用や地方での使用など・・・。また、お店でその点を具体的にきちんと聞いてみても良いと思います。料金以上の切実な問題です。自分が使いたい時に使えない可能性があるから・・・・

次に、今回話題になっているスマホには、大きく2種類があります。それが、iPhoneとアンドロイドです。パソコンで言えば、MacとWindowsのような「OS(全てを制御するメインシステムの事)」の違いです。iPhoneは、Macが作った独占仕様。種類は1種類で国際規格。アンドロイドは、「オープンソース」といって誰もが自由にプログラムを作ることができます。だから、ソニーのエクスペリア、シャープのアクオスフォン、サムスンのギャラクシーなど各メーカーが様々な工夫を凝らし、個性的なスマホが売られています。

iPhoneの良い点は、仕様が1種類しかない分Macが管理しているので、現在のところウイルスの心配があまり無いことです。反面、日本独自のワンセグやお財布ケータイなどに対応していない、という残念な点もあります。アンドロイドは、画面の大きさや使い方など様々なメーカーが様々な仕様のものを販売しています。スマホが苦手な人のための高齢者向きのらくらくスマホやテンキ―付きのスマホなど多彩です。

インターネットで最近、「クラウド」という言葉が聞かれます。これは、今自分が使用しているものがスマホの中にあるのではなく、インターネットにつながっている先にあるものを使用している事をいいます。たとえばyahooメールなどは、PCメールと異なり受信トレイがyahooのサイトの中にあります。これがクラウドです。このクラウドを活用しているのが、スマホです。「ID]とか「アカウント」とかスマホのクラウドを利用するためには、使用者を確認するための作業が必要となります。IT時代の現代、面倒くさがらずに入力と番号の保管をして下さい。

次回は、「スマホのタッチ操作のヒミツ」について、ザックリとお話します。

 PS ご質問は、次のアドレスにお願いします。
 E-MAIL:pasotomomejiro@plum.ocn.ne.jp
[PR]
by pasomejiro_blog | 2012-06-13 16:00 | 「ザックリ!」IT知識講座 | Comments(0)
今、テレビや新聞・雑誌にIT関連の用語があふれています。しかし、その意味が良くわからないでイメージだけが先行しています。そのようなパソコンやIT関連の用語をこの講座で、わかりやすく説明していこうと思います。一つお断りです。用語によっては、厳密に定義されていて、正確に説明すると難しくなるものがあります。そんな時、誤解を覚悟で「ザックリ」説明していきたいと思います。悪しからず・・・

では、第一回としてスマートフォンを取り上げます。

スマートフォンは、電話もできる小型のインターネット利用に特化した小型パソコンです。電話をすることが目的ならば、今までの携帯電話で十分です。スマートフォンの特徴は、インターネット回線を利用することです。今まではインターネットを利用する場合、パソコンで回線を使用してプロバイダーと契約してアカウントを設定して・・・と大変でした。スマホは、画面は小さいけれど家でも外でも買ったその日からすぐインターネットが便利に使えます。だから、メールも今までの携帯電話メールだけでなくGメールやYahooメールなどが使用されます。パソコンのインターネットでソフトなどをダウンロードしたのと同じように、スマホでは、アプリをダウンロードします。

パソコンと違うのは、そのアプリの数がとても多いことです。例えば、スマホで使用する電話、これもアプリです。カメラ機能もアプリです。新聞を見るアプリ、天気・交通情報を知るアプリ、地デジを見るアプリ、などスマホで何かをする場合、全てアプリで行います。このアプリを趣味に生活に役立てるのがスマホの上手な使い方です。

ところがまだ発展途上のスマホには、いくつかの課題があります。その一つが接続です。今までの電話回線を「3G」といいます。この回線は、つながりは良いのですが、インターネットの画像や動画などの情報量の多いものには弱く時間がかかります。そこで、「Wi-Fi」と呼ばれるインターネットの専用の情報量をたくさん送れる回線が使用されるようになりました。「Wi-Fi」は、届く距離が短いので「ルーター」と呼ばれる手帳型・卵型をした接続機器が売り出されました。これを使用すると、インターネットが快適に繋がりやすくなるようです。「ようです」というのは、地域や場所によってはつながりが悪いところもあります。

そこで現在は、「WiMAX」とか「LTE」とか「プラチナバンド」という「快適にインターネットと繋がる」ことを売りにした製品がたくさん登場しました。しかし、これらも絶対に快適に繋がるという保証はありません。買う時は、お店の人に良く聞いてから購入してください。

最後に、費用もこれまで説明したように電話回線分とインターネット分があります。自分の使用状況を考えて、適切なプランをお選び下さい。

次回は、iPhoneとアンドロイドについて、ザックリとお話します。

PS ご質問は、次のアドレスにお願いします。
 E-MAIL:pasotomomejiro@plum.ocn.ne.jp
[PR]
by pasomejiro_blog | 2012-06-11 14:47 | 「ザックリ!」IT知識講座 | Comments(0)